« 平成17年度千葉県浅海増殖研究発表大会 | トップページ | 網洗い »

海底の浚渫後の埋め戻し

東京湾の海底の浚渫跡の埋め戻しの監視に行ってきました。
どの船が何時から何時までいたかを業務日誌に記入します。
海底の浚渫跡とは、浦安や習志野や千葉の埋め立て地を作る時に、
海底の砂を掘って埋め立て地を作った跡です。
5メートルくらいの所から15メートル〜20メートルにいきなり穴が掘られています。
そこに他所で掘った砂や泥を埋め戻しています。
浚渫跡は青潮の原因になっていて、三番瀬の漁師からすると早く全部埋めて欲しいのですが、
全部埋まるのは、今の量だと100年以上かかるそうです。
陸地になった面積を考えるともっと掛かりそうです。
私が五代目だから、九代目か十代目ぐらいかな?
それまで漁師が出来ればの話ですが。。。。。
写真はディズニーリゾートを沖から撮りました。Imgp0237
Imgp0238

|

« 平成17年度千葉県浅海増殖研究発表大会 | トップページ | 網洗い »

「三番瀬」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「東京湾」カテゴリの記事

「江戸前」カテゴリの記事

「海」カテゴリの記事

「漁師」カテゴリの記事

「自然環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7156/1855357

この記事へのトラックバック一覧です: 海底の浚渫後の埋め戻し:

» 新浦安のマンション情報 [マンション【新浦安】情報]
新浦安マンションの人気の秘密と、実際の生活環境を探った情報を集めました。マンションについての情報を多く発信出来るように頑張っていきます! [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 12時34分

« 平成17年度千葉県浅海増殖研究発表大会 | トップページ | 網洗い »