« 船橋市農水産祭り | トップページ | 三年に一度の本祭り »

第57回浅海増殖研究発表全国大会

11日に浅海増殖研究中央協議会の理事として、
第57回浅海増殖研究発表全国大会に運営委員として参加してきました。
場所は東京都港区赤坂です。
Imgp0945

アメリカ大使館のすぐ近くなので警官がビックリするほど多いです。
前日の10日は芝公園の近くで平成19年度第1回、第2回理事会と通常総会を行いました。
その後懇親会で、他の産地の理事さんと色々と意見交換等をして2次会、3次会位まで飲んでいたかな?
11日の当日は、千葉県の代表理事として研究発表の司会をしてきました。

Photo
左から、佐賀の会長、熊本の会長、千葉の会長の私です。
会場はこのような感じです。
Imgp0946
千葉県の発表は残念ながら優秀研究団体賞でした。
来年度は最優秀を目指したいです。
その後、特別講演として水産庁増殖推進部の栽培増殖課課長補佐の
海苔養殖業の構造改革推進について  
研究指導課課長補佐の
海苔養殖に関するバイテク技術について
最後に、全国海苔問屋協同組合連合会長の
海苔流通・消費の現状と課題
を聞きました。
大変有意義な一日でした。
Imgp0944

|

« 船橋市農水産祭り | トップページ | 三年に一度の本祭り »

「三番瀬」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「東京湾」カテゴリの記事

「江戸前」カテゴリの記事

「海」カテゴリの記事

「漁師」カテゴリの記事

「自然環境」カテゴリの記事

「船橋三番瀬海苔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7156/6802477

この記事へのトラックバック一覧です: 第57回浅海増殖研究発表全国大会:

» ビオトープで自然環境と動植物を守る [健康で豊かな生活をあなたに]
「ビオトープとは」ビオトープとは、生き物(Bio)がありのままに生息活動する場所(Top)という意味の合成されたドイツ語です。開発優先への反省にたち、自然が自ら再生できるように人間が配慮する運動として、1970年代にドイツで始められました。だから、本来は自然環境そのものがビオトープなのですが、生き物が住みにくい都市部などで、人間によって再構成された自然環境をとくにビオトープというようです。一般には、広い意味でのビオトープではなく、一定の目的をもって一定のエリアに形成される生物...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 17時06分

« 船橋市農水産祭り | トップページ | 三年に一度の本祭り »