« 網洗い | トップページ | 平成20年度千葉県浅海増殖研究発表大会 »

海苔網の網合わせ

海苔網が洗い終わったので海苔網を重ねます。
海苔網を重ねる事を船橋では網合わせと言います。
1枚づつになっている海苔網を5枚に重ねた物を2つ重ねて10枚重ねにします。
海苔網は一枚で10間(18メートル)あるのでその分を往復するのです。
今年は少し網を減らすのでいつもよりは少なくなっていますが、
全国的に見ても家の種を付ける枚数は多いです。
写真は重ね始めです。

Imgp0408

10枚に重なったところです。

Imgp0409
5枚づつテープで止めます。

Imgp0410

しって(網の両端の柵に縛る紐)を5枚づつ10枚で縛っています。

Imgp0411

丸めて完成です。
これを今年は200個弱作ります。

Imgp0412

|

« 網洗い | トップページ | 平成20年度千葉県浅海増殖研究発表大会 »

「三番瀬」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「東京湾」カテゴリの記事

「江戸前」カテゴリの記事

「海」カテゴリの記事

「漁師」カテゴリの記事

「船橋三番瀬海苔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7156/29708821

この記事へのトラックバック一覧です: 海苔網の網合わせ:

« 網洗い | トップページ | 平成20年度千葉県浅海増殖研究発表大会 »